クレジットカード比較

okaasann

クレジットカードは物を立て替え払い可能な便利な物です。

公共料金も支払えますし、買い物も分割できます。

今は少額ですと、サインレスで買い物ができますので、あると便利です。

その反面、利用限度額、ここまでならお貸ししますよという額が小さすぎて何枚も半端なカードを持ち、多重債務、幾つものカードをもっていて、返済ができない状態になる、不必要なものも買ってしまうということもあります。

本当によく使う人でも、クレジットカードは2枚で済みます。

キャッシングも入れますと、3枚です。

1枚は普段の買いもの、1枚は公共料金の支払い用、ポイントがつきますので断然お得なのでお勧めです。

後はいざという時に現金や保険が使えるカードです。

でも、クレジットカードは沢山あって、選びにくいというお声もあるでしょう。

そういう時はクレジットカード比較をしてみてください。

専用サイトがありますので。

いい商品にはユーザーが集まります。

ただし、ランキングサイトはあくまでも他の方の意見です。

みんながいいというカードでも合う事は少ないのです。

そこで、自分がそのカードを使ってどうしたいか考えてみましょう。

筆者が重視しますのはカードブランドが国際規格であるかどうか、VIZA、ダイナーズクラブ、アメリカンエキスプレス、JCB等が標準です。

使用できる店舗数が多いかどうか、支払いがどうかということ、ポイントの還元率と用途です。

今のカードは寄付がポイントでできますので。

知人が関係している団体に少し送っていくのが楽しみです。

後は金利と方式ですね。

こういうものがわからない方はとりあえず、こうしたことではなく嫌なことでクレジットカード比較をしてみましょう。

例えば接遇、前に問い合わせした時クレーム扱いされ、わめかれました。

苦情を言って即謝罪していただいたので使っていますが、これはストレスが多い企業ということです。

後は金利や年会費が高い、サイトがよく動かないというようなことが嫌なら、逆のことでクレジットカード比較の検索をしてみましょう。

顧客対応がいいなどです。

クレジットカードを使うのはあなた

クレジットカード比較で申し込むカードを選んで決めるときに、頭においておいていただきたいことがあります。

それはクレジットカード比較で選んだカードで起きたことは総て、あなたがそういう風に願った結果です。

クレジットカード比較があてにならないという方もいます。

では、そのサイトの情報を見て選んだのは誰でしょう。

その方でしょう。

現実にクレジットカードの督促現場で「聞いてなかった」「知らなかった」「こういうものがあるのが良くない」という風に泣きながら弁明をする方がいます。

補聴器が欲しくて買ったのにむごいというのも。

上司は「あなたが使ったお金です返してください」です。

心理学にはかのフロイト大先生やユングがいます。

彼らは何故人は不協和を起こすのかということを突き止めようとしました。

その理論で申し上げますともし皆様がクレジットカード比較でカードを入手し失敗した場合筆者やクレジットカード比較のサイト運営者が良くないということが成立します。

でも、同じサイトを見て上手く行くという方もいます。

アドラーという心理学者はこう考えます。

目的のために人は原因を使うということです。

自分が自分で返済不能になった場合、耐え難いのでクレジットカード比較のサイトの所為にする。

そちらの方が楽ですよ。

でも、それで幸福になれるでしょうか。

起る事を想定して、手を打てるようにした方が早いのです。

相談窓口を探す、他の人の体験を聞いてみるとかそういうことです。

建設的でなおかつ安全なのです。